FC2ブログ

近況報告

久しぶりの更新です。色々やってますが、2つご紹介します。

【1】 東京大学大学院工学系研究科  ポストコロナ社会の未来構想
「コロナ禍の大学教育・研究活動 ~試行錯誤の記録を残す~ 」
https://sites.google.com/g.ecc.u-tokyo.ac.jp/postcovid19/n5
第5回「マスク×マイク×ネット環境によっては 授業の質が低下する!?」

<リード文より>
「コロナ禍の大学教育・研究活動 ~試行錯誤の記録を残す~」の趣旨は大きく分けて2つあります。1つ目は教育現場の生の声で残すことであり、2つ目は、オンライン授業を構築・改良する際に役立ちそうな情報を積極的に取り上げて発信することです。今回(連載 第5回)は、音声工学・音響音声学の専門家である峯松信明先生にご登場いただき、オンラインを通して、他者とコミュニケーションをとる際に留意すべきことについて伺います。【聞き手・編集 西村多寿子】

ということで、マスクやフェースシールドの装着、マイクの条件、Zoom使用などの条件の異なる6つの音声をアップして比較しています。

【2】 19日午後には、日本老年看護学会の国際交流委員会企画で、英語ワークショップの講師をしました。
http://www.rounenkango.com/news/2020international.html
「初めての英文抄録の作り方 ~まずは日本語抄録から考える~」

医科大学においては、対面でのこの手の講義は何回か経験していますが、看護系でしかもオンライン開催は初めてでした。双方向の演習をやるときの難しさはありますが、地方在住の方が参加できるメリットは大きいのではないかと思います。

ポストコロナ  図2

コロナ対策はインフルを含む呼吸器系ウイルス伝播を低減するらしい

昨日公開の海外論文紹介記事。以下、タイトル&リードです。

Clin Infect Dis誌
「SARS-CoV-2の感染封じ込め策で他の呼吸器系ウイルスの伝播が低減」 
米国2大都市で非薬剤的介入の効果を検証
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/infection/202011/567933.html
**************************
自宅待機令、学校や小売店の閉鎖、公共の場でのマスク着用、ソーシャルディスタンスや手指衛生といった非薬剤的介入(NPI:non-pharmaceutical intervention)の効果を検討するため、米国の2大都市における呼吸器系感染症の発生状況を今シーズンと過去のシーズンで比較したところ、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の伝播を低減するために実施された公衆衛生的施策は、他の呼吸器系ウイルスの伝播を有意に低減したことが示唆された。本論文はClin Infect Dis誌11月8日電子版に掲載された。
**************************

米国2大都市とは、アトランタとボストン。呼吸器系ウイルスとして検討したのは、A型インフルエンザ、B型インフルエンザ、RSウイルスです。著者らは、米国における2つの地理的に離れた都市からのエビデンスとして、非薬剤的介入(公衆衛生的施策)が、A型インフルエンザとB型インフルエンザ、RSウイルスの感染機会を減少させる点で有益だったと述べています。

1年ぶりに事務所HPを更新しました!

 標題のとおり、ほぼ1年ぶりに事務所HPを更新しました!
https://www.premium-english.biz

 このところ、工学系、医学系の一流の研究者と議論する機会が増え、知り合いの紹介でZoom対談する場合は、「コイツ何者??」と思われているだろうなあ~と察し「あとで名前検索されるだろうなあ~」と思いつつ、事務所HPをいじるのは面倒なので放置していました。

トップページ(ごあいさつ) で加筆・修正した部分は、
**************************
従来より取り組んできた医療者向けの英語学習支援に加え、東京大学大学院工学系研究科の特任研究員として、子どもの言語習得・発達支援に関わる調査研究や、医工連携の研究シーズ探索と臨床研究への橋渡しにも関わっています。

 さらに、コロナ禍の活動としては、東京大学大学院工学系研究科・学術戦略室の特設サイト「ポストコロナ 教育・研究の取り組み」にて、オンライン教育に関する連載記事を執筆中です。日経メディカルオンラインの外部ライターとしても、新型コロナウイルス関連の論文紹介記事を手掛けています。
**************************

他のメニューの中では、「医学英語講習会」について、12月19日(土)に予定されている日本老年看護学会のセミナー情報を入れました。「子どもの言語習得の調査研究」、「健康経営アドバイザー」のところも少し書き足しました。ご興味あればご覧ください。

ポストコロナ社会の未来構想

継続取材している東大工学部のオンライン演習。連載記事の第3回は、演習に参加した機械工学科3年の学生の皆さんの声です。春の外出自粛中に、スターリングエンジンをオンラインで設計する演習を計画した教職員もすごいと思いましたが、それに応えて、Zoom, Google meet, Slack, LINEを駆使して、グループで議論して図面を作り上げてしまう学生達も優秀だなあと感心しました。

東京大学大学院工学系研究科 学術戦略室特設サイト  ポストコロナ社会の未来構想  教育・研究の取り組み 
「学生から見たオンライン総合演習」 コロナ禍の大学教育・研究活動 ~試行錯誤の記録を残す~  連載第3回
https://sites.google.com/g.ecc.u-tokyo.ac.jp/postcovid19
zoom学生集合写真2
プロフィール

にしむらたずこ

Author:にしむらたずこ
医療ライター 兼 医学英語講師 東京大学大学院工学系研究科 特任研究員
プレミアム医学英語教育事務所代表 https://www.premium-english.biz/

仕事や暮らしの中で思ったことを書き留めています。

最近の記事
カテゴリー
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
since 2007/01/18

ソーシャルネットワーキング