FC2ブログ
 
■プロフィール

にしむらたずこ

Author:にしむらたずこ
医療ライター 兼 医学英語講師
プレミアム医学英語教育事務所代表 http://www.premium-english.biz/

仕事や暮らしの中で思ったことを書き留めています。

■最近の記事
■カテゴリー
■カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■since 2007/01/18
専門医が読むジャーナルを要約するのはタイヘン
京都に行く前に書いた論文紹介記事が10月末に公開されていました。時間がたっているので、自分がどう書いたか覚えておらず、一読者として通読してみました。

J Am Coll Cardiol誌から
心房細動の癌患者は心臓専門医の評価を受けて
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/etc/201810/558462.html

米国の保険請求データベースを使った研究です。がん患者さんはがん専門医にかかっていることが多く、心房細動があっても心臓専門医の評価を受けることが少ないことが背景にある模様。でも心房細動が出たら心臓専門医に評価を受けて、そちらの治療もきちんと受けるほうが、脳卒中リスクが低下していたようです。まあ当たり前といえば当たり前の話ですが、メッセージとしては、「心房細動の癌患者は心臓専門医の評価を受けてほしい」ということだろうなあ、と思ってそうしました。原著論文のタイトルは、Provider Specialty, Anticoagulation, and Stroke Risk in Patients With Atrial Fibrillation and Cancer (心房細動とがんを有する患者における、医療提供者の専門性、抗凝固薬、脳卒中のリスク)ですから、もっと中立的です。でも記事なんで、メッセージ性の強いタイトルにしました。

この医学ジャーナル、J Am Coll Cardiol誌は、正式には、Journal of American College of Cardiology といって、ACC(American College of Cardiology、アメリカ心臓学会)が発行しています。要は循環器領域の臨床研究者が目標にするメジャーなジャーナルでして、ハッキリ言って、NEJMとかLancetのように広く色んな領域の医師が読むジャーナルよりも要約するのが難しいんです。そもそも専門医の中で常識的なことはすっ飛ばして書いてあるし、論理展開がわからないと、なんでこの項目を調べたのかが、さっぱり見えてこない。そんなわけで、かなり苦労して要約して、結論にこぎつけて、そこからのメッセージをタイトルにしたとご理解ください。

メディカル翻訳・ライティング | 14:47:18

FC2Ad