FC2ブログ
 
■プロフィール

にしむらたずこ

Author:にしむらたずこ
医療ライター 兼 医学英語講師
プレミアム医学英語教育事務所代表 http://www.premium-english.biz/

仕事や暮らしの中で思ったことを書き留めています。

■最近の記事
■カテゴリー
■カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■since 2007/01/18
北欧旅行記 N0.7 マトジャルビ (スウェーデン)
【北極圏の村 マトジャルビ(Matojärvi) 】
北欧旅行記の最終回です。前回はマトジャルビ村にある友人宅の暮らしを紹介しましたが、今回は、彼らの所有地にある森や湖畔を散策したときの様子や、フィンランド国境ぞいにある展望台や記念碑を訪ねた時の写真を紹介したいと思います。

mat2.jpg  mat10.jpg
友人は、父親から相続した農地や森や湖など、合わせて14ヘクタールを所有しているそうです。森の中を散策し、開けたところで撮ったのがこの2枚の写真です。「あの端までが私たちの土地」と説明してくれました。当然ながら、見渡す限り我々以外誰もいませんでした。 が、もちろん野生動物たちは住んでいるわけで、、、

matojärvi5 matojärvi8 matojärvi7 mat11.jpg
このあたりに住む野生動物の中でもっとも大きいのがムースです。私はストックホルムの動物園でしか本物をみたことがありませんが、大人のムースは大型牛くらいの体格で立派な角があります。ムース狩りの解禁時期は9月とのことで、その時期になると、自分達で建てたムース小屋に毎日出かけるそうです。1シーズンで1頭も射止められないこともあるそうですが、それでも夜明け前に小屋に入り、物音をたてずにムースが来るのを待つとのこと。左の写真の小屋に入らせてもらいましたが、畳2畳くらいの広さで遠くまで見渡せます。ムースは右の写真にある白い棒の塩分をなめにくるそうで、小屋から数十メートル離れたところに、このような棒が立ててありました。 残念ながらムースには遭遇できませんでしたが、小屋の中でムースのグミを食べました(笑)

mat4.jpg matojärvi15 matojärvi14
森の中は砂利を敷いて整備しているところもありましたが、奥深くに入ると幻想的な景色が広がっていました。右の2枚の写真の中央にある黒い部分からは湧き水がでてきて、冬のマイナス40度の寒さでも凍らないそうです。

mato13.jpg mato14.jpg mato15.jpg mat16.jpg
マトジャルビ村から車で小一時間、北極圏のラインを示す看板や記念碑のあるところに連れていってもらいました。北極圏のラインは地球の軸の傾き等の影響で現在は少しずつ北に移動してますが 12000年後に折り返し 、22000年後におよそ今のところに戻り、さらに南下するそうです。太陽や地球を感じられる場所です。お世話になったスウェーデン人夫婦が、地球をかたどったオブジェの中でのKiss。ステキでした。

mat15.jpg mat7.jpg mat17.jpg
川の対岸がフィンランドです。車で国境の橋を渡り、5秒だけフィンランドに滞在してスウェーデンに戻りました。これでデンマーク、スウェーデン、フィンランドの3国を旅したことになりました😁

matojärvi1    mato25.jpg
3日間お世話になったAgneta&Las-Göran夫妻と展望台にて。20歳で初めてスウェーデンに行ったときからのご縁です。最後の写真は、滞在した部屋の窓から夜11時すぎに撮りました。沈まぬ太陽、まさに白夜です。

帰国して1カ月以上たってしまいましたが、ブログ掲載のために写真を整理することで、楽しかった記憶を呼び覚ますことができました。 最後までおつきあいくださいまして、ありがとうございました。



スウェーデン | 16:12:52

FC2Ad