FC2ブログ
 
■プロフィール

にしむらたずこ

Author:にしむらたずこ
医療ライター 兼 医学英語講師
プレミアム医学英語教育事務所代表 http://www.premium-english.biz/

仕事や暮らしの中で思ったことを書き留めています。

■最近の記事
■カテゴリー
■カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■since 2007/01/18
連休後の1週間
 大型連休の最終日は「出かけようかしら」と前回のブログに書いたのに、なんと数年ぶりに39℃ちかい熱を出しました。休み中ほとんど外出しなかったし、ふだん以上に休養してたのに、なんで熱出すの?という感じ。 仕方がないので、布団にくるまっておとなしくしてたら、なんと1日で平熱に戻りました(気合じゃ!) でも連休あけの1週間は寒暖差が激しく、病み上がりの身には結構きつかったです。皆様もお体に気を付けてお過ごしください。

 今週みたDVDで良かったのは「Dr.香坂のアカデミック・パスポート」です。『学術的知見を臨床に生かす』『臨床の実践を研究につなげる』ということで、文献の引き方、論文の効率的な読み方、前向き・後ろ向き研究、研究スタイルの使い分けの意味、学会発表・論文執筆まで、循環器専門医の香坂先生が網羅的に説明していて勉強になりました。アカデミック・ドクターを目指す若手医師として出演する澤野先生とのワンパタンの掛け合いも、学芸会みたいで面白かったです。ただし、約1時間のコンテンツで5800円もするし、基本的に医師向けの教材だし、CareNetに登録すれば、少なくとも一部は無料で見られるので、購入される場合はその前によくご検討を。

 12日(金)は、国立新美術館で開催中のミュシャ展を観てきました。ミュシャは、アールヌーボーのポスター画が有名ですが、「たどり着いたのは、故郷への想い」という宣伝文にもあるように、ミュシャの祖国チェコの抑圧と独立の歴史を描いた《スラヴ叙事詩》が本展示の目玉でした。想像以上に大きなキャンバスと人物の眼力に圧倒されました。古くは東ローマ帝国、近代は西欧とロシアの狭間で翻弄されてきたスラヴ民族の歴史をきちんと理解すれば、より深く鑑賞できると思いますが、浅薄な知識しか持ち合わせてない私は、ベルリンの壁崩壊直後に訪れたプラハの景色と昨夏再会したチェコ人との会話を思い出しつつ、ミュシャがこれらの大作を描いた気持ちに思いを馳せたのでした。


暮らし | 11:05:00

FC2Ad