FC2ブログ
 
■プロフィール

にしむらたずこ

Author:にしむらたずこ
医療ライター 兼 医学英語講師
プレミアム医学英語教育事務所代表 http://www.premium-english.biz/

仕事や暮らしの中で思ったことを書き留めています。

■最近の記事
■カテゴリー
■カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

■since 2007/01/18
心血管疾患リスクの高い人の方がコレステロールがきちんと管理されている
本日NMOで公開された、論文紹介記事です。

Eur Heart J誌から
20年間でCVD高リスク集団の脂質が著しく低下
スウェーデンの一般成人を対象にしたMONICA研究
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/etc/201607/547627.html

 スウェーデン北部の2県に住む25~74歳の一般市民を対象とした調査研究(The Northern Sweden MONICA Study)の報告です。1994年から2014年の間に計5回の調査を実施したところ、総コレステロール値が0.7mmol/L低下し、男女とも全ての年齢層で改善が認められました(1994年は6.2mmol/L[239.8mg/dL]、2014年は5.5mmol/L[212.7 mg/dL])。特に低下が顕著だったのは、虚血性心疾患リスクの高い集団で、例えば、糖尿病患者と非糖尿病の成人、高血圧者と正常血圧者、BMI30を超える肥満者と非肥満者を比較すると、それぞれ前者(高リスク集団)の方が、総コレステロール値が低く、その低下の要因の3分の1程度は、脂質降下薬(スタチン)で説明できるそうです。

 個人レベルでみたとき、心血管疾患のリスクの高い患者さんに対して、医師はスタチンを処方していて、患者さんもきちんと服薬している人が多い。だから住民全体をみたときに、リスクの高い集団は、低い集団よりも脂質レベルが低いということでしょう。

原著論文もネットから無料でダウンロードできますので、興味のある方は、読んでみてください。
http://eurheartj.oxfordjournals.org/content/ehj/early/2016/02/29/eurheartj.ehw052.full.pdf

メディカル翻訳・ライティング | 09:43:23

FC2Ad