FC2ブログ
 
■プロフィール

にしむらたずこ

Author:にしむらたずこ
医療ライター 兼 医学英語講師
プレミアム医学英語教育事務所代表 http://www.premium-english.biz/

仕事や暮らしの中で思ったことを書き留めています。

■最近の記事
■カテゴリー
■カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■since 2007/01/18
近況報告
しばらく忙しくて、ブログを更新できず、久しぶりに開いてみたら、なんとスポンサーサイトなっていて、びっくり。1カ月以上更新しないと、そうなってしまうのですね。すみません。

今日11月5日の午前中、医療ジャーナリズムの論文を提出しました。ジャーナリズムの博士論文なんて、ちょっと変ですが、それは置いておいて、、、、とにかくこの1週間必死で論文を書いていました。実をいうと、その前の週も3泊4日で京都にでかけ、研究についてのサジェスチョンを受けるべく、知り合いの研究者に会っていました。
 もちろん京都では、息子の様子も見てきたし、1日は観光で瑠璃光院と比叡山に行きました。息子の下宿から5分の下鴨神社もスーパーに買い物に行く途中に、ちょっと遠回りして散歩しました。やはり京都はすばらしい。

日経メディカルオンラインでも、この間に公開された海外論文の紹介記事があるので、、近いうちにお知らせますね。すでに次の仕事として別の論文をもらってます。 自分の論文はとりあえず一山越えたので、本来のライターとしての仕事に戻って頑張ります。

暮らし | 15:34:01
新しいことに挑戦!
 週末に、最近通い始めた大人向けの音楽スクールでの発表会がありました。経験ゼロのことに挑戦しようと思い立ち、フルートをはじめて3カ月。最初はラの音も出せなかったのですが、面倒見のよい講師におだてられて少しずつ練習した結果、ステージではFly me to the moonをアドリブ部分も含めて演奏できました😁 あの音を間違えた、もう少し高音がきれいに出せればよかったなど、残念な部分も多々ありますが、「ビギナーなんだから、まあこんなもんでしょ」と自分に言い聞かせています。 このほかに、中島みゆきの「糸」や「翼をください」も練習中💦 バンドとの共演は楽しかったし、今から始めても習得できることはある!と信じて、続けてみようと思います。

   フルート1  フルート2

暮らし | 19:41:58
久しぶりの更新です
 最後に更新したのは、オーストラリア人女性のホームステイ前でしたね。あれからてんやわんやの大騒ぎで、ず~っと忙しくて神経の高ぶった状態が続いていましたが、ようやく落ち着いたところです。オーストラリア人の二コラを迎えた3日間のうち、一番賑やかな時は、うちの家族3人に二コラ、息子の友人の5人で食卓を囲みましたが、彼女は3月末で我が家での滞在を終えました。4月1日には息子が京都に出発し、私たちも引越の手伝いと入学式のため、2日から6日まで京都に滞在しました。その後、夫と2人の生活が始まり、夫の帰りが遅かった9日は、私1人で夕食をとりました。静かすぎて怖いくらいですが、そのうち慣れるでしょう。

 フェロー・アカデミーでの4月期の仕事が本格的に始まりました。昨日(4月10日)は通学コース、実務中級「メディカル」の開講日でした。通信講座、マスターコースも第1回課題の答案添削が来週から始まります。 通学コースの受講者は5人とやや少なめですが、通信コースは20人を超えています。新たな出会いを楽しみにしています。

 今後はもう少し頻繁に更新するつもりです。今後ともよろしくお願いします。

  kyouto_blog1.jpg kyouto_blog2.jpg kyoto_blog3.jpg
左から、鎌倉大仏にて(3月31日)、京都 哲学の道にて(4月4日)、息子の大学入学式(4月6日)

暮らし | 10:06:00
近況報告
 永らく更新が滞っていましたが、私は元気にしています。 我が家のビッグニュースとしては、浪人していた息子が大学に合格し、4月から京都に住むことになりました。下宿は受験前から仮契約していた物件があるので、合格発表直後に京都まで出向くことはなかったのですが、その分4月に入って、横浜から荷物を送ったり、現地で色々買いそろえたりすることになりそうです。合格発表後の息子は、1年間の苦労とストレスを発散させるかのように、毎日のように友達と遊びに出かけていますが、自宅にいるときも、入学に向けた手続きをしたり、(私がうるさく言うので、しぶしぶ)部屋の中を片付けたりと、忙しい日々を送っています。

 私自身は息子の世話で時間がとられることを見越して、今月は仕事を極力減らしていたのですが、それでも単発の仕事がいくつか入りました。売れっ子イラストレーターさんにインタビューしたり、健康経営アドバイザーとして中小企業2社を訪問して報告書を書いたりと、レギュラーの仕事とは違う頭の使い方をして、テンパっていることもしばしばです。さらに明後日(29日)から、オーストラリア人の女子学生のホームステイを3日間受け入れます。12月のブログにも書いた、以前から交流のある家族の娘さんで、桜がぜひ見たいということで、この時期に単身で来ることになりました。

 息子の出発準備とホームスティが重なるということで、3月末の3日間は一体どうなるんだろう・・・とちょっと心配ですが、家族で横浜や鎌倉を案内して、息子が横浜に住む最後の日々を楽しみたいと思います。


暮らし | 19:36:59
夫婦同姓・別姓を選べる社会にするための活動、応援します!
数日前にニュースや新聞でも報道されていましたが、IT企業の男性社長が夫婦同姓・別姓を選べる「選択的夫婦別姓」を実現するための訴訟を起こそうとしています。 Change.orgというサイトでは、この人を発起人として、「夫婦同姓・別姓を選べる社会にするため、私たちの訴訟を応援してください!」という署名活動を行っていたので、私も賛同して、コメントを入力しました。

医療ライター・翻訳者として、旧姓を使い続けて20年近くになります。これまで旧姓を個人事業主の屋号にすることで乗り切ってきましたが、昨今、マイナンバーの導入により、使い分けの事情を複数の取引先に説明し、さらなる書類を添付する手間が発生しています。旧姓(屋号)による銀行口座の新規開設も困難で、今後マイナンバーと口座が紐づけされるという話を聞き、さらなる手間と不都合が生じるのではないかと心配しています。

旧姓使用を決めた理由の1つは、「生命倫理を考えるー終わりのない7編の物語」(丸善ビデオ)の翻訳監修者の1人として、出版物やネット情報に旧姓が載っていて、ひとりで事業を始めるにあたり、この情報は貴重だと考えたからです。このビデオの初版は1995年ですが、今でも売れていて、医科系大学や専門学校で医療倫理の教材として使われています。苗字が変わるということは、それまで築いてきたキャリアを捨てる覚悟をしなければならないくらい、とても大きなことなのです。

夫婦同姓・別姓を選べる社会にするための活動、応援します!!


暮らし | 09:56:09
次のページ

FC2Ad