FC2ブログ

プラハ、ウィーン、モスクワの旅

 令和のはじまった5月1日から12日まで、中欧のプラハとウィーン、そしてモスクワに行ってきました。写真は左から、プラハのカレル橋から眺めたプラハ城、ウィーンの楽友協会黄金ホール、モスクワ赤の広場にある聖ワシリイ大聖堂です。

prague2.jpg  vienna2.jpg   moscow3.jpg

それぞれ沢山のエピソードがありますが、旅のハイライトを書きます。

 プラハでは、夫がプラハマラソンに参加しました(5月5日)。日本でもお馴染みの「モルダウ~わが祖国より」がスタートラインに流れ、約1万人のランナーが走りだしました。モルダウ川沿いや、カレル橋をはじめ世界遺産の街プラハを巡る周回コース。チェコ人の友人が大会関係者だったので、私は特等席でトップランナーのゴールや、夫の走る姿を観戦することができました😉 今回、女子は2時間20分を切る大会記録が出た高速コースですが、制限時間は7時間でご高齢のランナーも周りからの声援をうけ、元気に走っていました。

 ウィーンでは、楽友協会ホールで開かれたモーツァルトコンサートに行きました。ニューイヤーコンサートをご覧になったことのあるかたは、ホールの内装に見覚えがあると思います。観光客向けの演奏会なのでドレスコードはないに等しく、気楽に楽しめる演奏会でした。 18世紀当時の衣装を着た楽団員がアイネクライネナハトムジークなどを演奏し、「フィガロの結婚」や「魔笛」などのオペラから有名な曲を男女の歌手が歌いました。アンコールは「美しく青きドナウ」と、お決まりの「ラデツキー行進曲」で曲にあわせて手拍子しました😉 前から3番目の席だったので、演奏家たちの衣装を間近で見ることができました。

 モスクワ滞在は1日だけだったので、クレムリンと赤の広場を駆け足で回りました。EU圏内を動くよりロシア入りは緊張しましたが、衛兵交代式もみられたし、短い時間で充分楽しめました😊 クレムリンは「城塞」という意味で、モスクワのクレムリンの中に、現在の政治の中枢機能が置かれ、同じ敷地内にロシア正教会の聖堂や歴代皇帝の霊廟、軍事博物館もあります。オーストリアのハプスブルク家の宮殿は広いなと思いましたが、ここは建物も敷地も「巨大」で、どのアングルも一枚の写真にとても収まりきりませんでした。
 赤の広場には、聖ワシリイ大聖堂やレーニン霊廟、グム百貨店(銀座のすべての百貨店を合わせたより大きな百貨店)があります。 グム百貨店の1階には、西側の高級ブランド店が立ち並び、ロシアのお土産が一通り揃う高級スーパーもありました。

 利用した航空会社アエロフロートは、旅行中に事故があったので、それ以降に乘るのは少し怖かったですが、機体は新しく、トイレは清潔、食事もふつうに食べられ、昔のダークな印象は払拭されました。今回のモスクワは飛行機のトランジットを使っての短期滞在でしたが、次回はロシア旅行をメインにして、サンクトペテルブルグにも行ってみたいです😊

 約2週間の旅行中、ホテルではBBCを見ていました。日本からのニュースは、株式市場でのNikkei株価をのぞき、一度も遭遇しませんでしたが、米中の貿易摩擦やアメリカ政治の動向はほぼ毎日報道されていました。世界情勢でも観光地でも、中国や中国人の存在感が増す一方、日本や日本人は相対的に影が薄くなってるのではないでしょうか。
 赤の広場での軍事パレードやプーチンの姿勢は日本の将来にも深く関わります。世界情勢と日本の立ち位置について、もっと感度をあげていく必要があると感じた旅でもありました。 

2つの「F」  Fitness & Flute

 最近私がはまっている2つの趣味は、頭文字がどちらも「F」で始まります。カタカナだと「フ」で始まる「フィットネス」と「フルート」です。

 フィットネスの方は、一昨年につづき、読者モデルで 『Woman's Shape & Spots』という女性向けフィットネス誌のVol.18(2月7日発売)に載りました!今回は、おなかを出すだけでなく、実年齢も公開しました(笑)。 176ページです。 前回(Vol.15)掲載されたときは年齢を公開しなかったのですが、フィットネスの師匠から「同世代の女性に自分も頑張ろうと思ってもらえるために公開したほうがよい」と説得されました。私の師匠の名は 「宮田みゆき」で検索すれば出てくると思いますが、中高年女性向けのフィットネスクラブのごくふつうのインストラクターだったのに(そこが私との出会い)、50歳からボディビルを始めて、2年で日本チャンピョンになった人です。昨年末に『50歳からの筋トレ・メソッド』という本も出しました。周りに強烈な人がいると感化されますね。

 もう1つの習い事である「フルート」は、昨年春に始めたのですが、思ったより進度が早くて、歌謡曲やディズニー、簡単なクラッシックまで、いろんな曲に挑戦してきました。仕事や勉強でPCに向かっていて、集中力が落ちてきたときに、フルートを吹いていますが、これが気分転換にすごくいいんです。フルートの先生も熱心に教えてくださるし、ときどき発表会があることも練習の励みになります。今は、パッヘルベルの『カノン』とフォーレの『シチリアーノ』を練習しています。以前から好きな曲で、いつかフルートで吹けるようになったらいいなあと思っていました。 
 そんなわけで、フルートも初級者用モデルでは物足りなくなり、年明けから横浜や銀座の楽器店を4軒回り、様々なメーカーのモデルを吹き比べた上で、10倍以上高いフルートを購入してしまいました。やっぱり音の響きが違うので、上達したような気分になります。

 習い事に共通すると思いますが、いい先生と出会うこと、そして、続けるために必要な道具をそろえることは、とても大切ですね。

あけましておめでとうございます

 大晦日と元日・2日は、千葉県佐倉市にある私の実家で過ごしました。近くの中華料理店でおなかいっぱい食べたあと、紅白歌合戦を最初から最後まで座ってみました。昭和の終わり頃から平成最後までトップスターで居続けた、桑田佳祐と松任谷由美が一緒に踊る場面をみて、ああ時代の区切りが来るんだなと思いました。

 年賀状についても、色々考えることがありました。70歳まで会社づとめをした父の元には、現役を退き10年近くたった今でも毎年100通を超える年賀状が届きます。高齢等を理由に、あるいは平成最後を機に、年賀状納めをする人が多いと聞いていたので、そういう文面がどれくらいあるのかと思って読ませてもらったところ、およそ100通中「2通」でした。もっと多いのかなと思っていたのですが、実はそこまで社会的な流れにはなってないのかもしれませんね。
 考えてみれば、いくら「今後とも変わらぬお付き合いを申し上げるとともに」などと書いても、SNSなどで繋がっていない人に対しては、年1回の挨拶を切るような形になってしまうので、それはそれでエネルギーが必要でしょう。

 一方で、私自身の年賀状の書き方にも変化がありました。それは平成最後だからではなく、昨年4月に息子が京都に住み始めたことが大きいのですが、家族の名前を入れた年賀状を減らして、自分だけの名前で出す賀状を増やしました。近年知り合った人に住所を聞くことはまずなくて、年賀状を出すのは旧友や恩師などが多いこともあり、これからは私自身の近況報告をするスタイルにしようと思いました。

 3日は箱根駅伝の復路を見に行きました。例年、この日に横浜にいるときは、横浜駅から鶴見中継所の間(9区)で応援しています。そのあたりは神奈川大学キャンパスから近いこともあって、神大関係者からノボリを渡されたり、応援の声かけについてお願いをされたりします。今年は9区のランナーの名前を 「たくや~~」と大きな声で呼びかけました。

 今年も、公開された記事等の紹介、気の向いたときには近況報告をしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

近況報告

 しばらく更新していませんが、元気にしています。12月に入ってから仕事と学業と趣味でのイベント続きで、てんてこ舞いでした。
 仕事のイベントとしては、英語プレゼンテーションのセミナー『学会発表☆集中トレーニング(10月から月1回、全3回)』の最終回が12月9日にありました。いずれどこかで詳細を公表したいと思いますが、国際学会発表を控えた看護系研究者などを対象に、講義と演習、ならびに発表練習を繰り返すという内容でして、最初は小さな声で恥ずかしそうに発表していた人も、最終回は堂々と発表できるようになり、一定の効果は認められたように思います。

 学業でのイベントは、何と言っても12日にあった学位論文の口頭試問でした。審査は、医療ジャーナリズムや臨床研究の大御所の先生方がしてくださることもあって、いつになく緊張しました。審査期間は来月中旬までなので、それまで推敲を重ねて、いい論文に仕上げたいと思っています。

 趣味のイベントは、1日のフルート発表会と、3日のゴールドジムでの写真撮影でした。フルートは、息子ロスによる「空の巣症候群」予防のために、今年の春に始めました。先日は、講師の先生主宰の発表会で、演奏した曲は、『あの夏へ』(千と千尋の神隠しより)と『花は咲く』でした。「あの夏へ」はソロ演奏だったのですが、暗譜していたつもりが途中で真っ白になり、転調したところで音を外したのが残念でした。講師とのアンサンブルで演奏した「花は咲く」は落ち着いて吹けました。3日の写真撮影はプロのカメラマンによるもので、次回のWoman's Shape 誌の読者モデルの1人として掲載されると思います。おなかが見えるウエアを着てポージングしたり、マシンを使って筋トレしている姿を撮ってもらいました。どんな写真が載るのか本人も知りません!!

 こう書くとなんだか楽しそうですよね。 実際は、ここに書かないことも含めて、テンパってたり、落ち込んだりしていることもあり、そういうことのほうが引きずりやすいので、全然うかれた感じではないのですが、、、10月に比叡山を参拝したときに心に残った最澄の言葉 『一隅を照らす』を胸に、慌ただしい年末を心穏やかに過ごしたいと思っています。

近況報告

しばらく忙しくて、ブログを更新できず、久しぶりに開いてみたら、なんとスポンサーサイトなっていて、びっくり。1カ月以上更新しないと、そうなってしまうのですね。すみません。

今日11月5日の午前中、医療ジャーナリズムの論文を提出しました。ジャーナリズムの博士論文なんて、ちょっと変ですが、それは置いておいて、、、、とにかくこの1週間必死で論文を書いていました。実をいうと、その前の週も3泊4日で京都にでかけ、研究についてのサジェスチョンを受けるべく、知り合いの研究者に会っていました。
 もちろん京都では、息子の様子も見てきたし、1日は観光で瑠璃光院と比叡山に行きました。息子の下宿から5分の下鴨神社もスーパーに買い物に行く途中に、ちょっと遠回りして散歩しました。やはり京都はすばらしい。

日経メディカルオンラインでも、この間に公開された海外論文の紹介記事があるので、、近いうちにお知らせますね。すでに次の仕事として別の論文をもらってます。 自分の論文はとりあえず一山越えたので、本来のライターとしての仕事に戻って頑張ります。
プロフィール

にしむらたずこ

Author:にしむらたずこ
医療ライター 兼 医学英語講師 東京大学大学院工学系研究科 特任研究員
プレミアム医学英語教育事務所代表 https://www.premium-english.biz/

仕事や暮らしの中で思ったことを書き留めています。

最近の記事
カテゴリー
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
since 2007/01/18

ソーシャルネットワーキング