fc2ブログ

西村多寿子のブログ

医学英語教育・医工連携・外国ルーツの子どもの日本語習得支援が最近のキーワード
Top Page › Category - 保健

やさしい日本語で話そう!

母子手帳交付の窓口にて、ネパール人のカップルに対応。簡単な日本語会話はできるが、役所の“丁寧な”言葉づかいや、漢字の多い文書だとわからないことが多い模様。事務職員が難解な日本語で説明していたらしく、その後に対応した私に「やさしい日本語で話してくれて、ありがとうございました」と笑顔でお辞儀して帰っていった😊「新生児聴覚検査」は正しいけど伝わらない。「赤ちゃんの耳のけんさ」のほうが相手を思いやる丁寧な日...

近況報告

 8月に入ってからブログを更新していませんでしたね。16日から19日まで京都で過ごしました。 五山送り火の際は、息子の住むアパートの屋上を解放してくれるとのことで、私と夫の親も京都に招待しました。夜8時すぎから、山腹に次々と浮かび上がる「大」「妙法」「舟形」「左大文字」は本当に美しかったです。祇園にて父の傘寿のお祝いをしたり、宇治の平等院に行ったりして、遅めのお盆休みを楽しみました。 仕事面では、春以...

健康経営 中小企業支援の巻

皆様は、「健康経営」という言葉をご存じでしょうか? 私は以前からQ-STATIONという産業保健関連サイトで記事を書いていたので、大企業での健康経営の取り組みについては、時々取材をしてきました。近年は、大企業だけでなく中小企業においても少しずつ取り組みが始まり、健康経営に関心をもつ企業には専門家を派遣して支援を行う段階にあります。いろいろな縁があって、現在私は、東京商工会議所の健康経営アドバイザーテキスト2...

年度末に思うこと

 年度末は何かと忙しいです。ブログ最終更新日の19日からこれまでの間に、翻訳スクール(2017年10月開講)の講義(全18回)の最終回、確定申告の提出、週末は京都・大阪へ1泊旅行もしましたし、昨日は、健康経営アドバイザーのテキスト編集会議に参加しました。また、来年度の英語講師の仕事も準備作業に入っています。 でも残念ながら、年度を越えずに終わることもあります。ライターとしての私にとって重要な位置を占めていた...

健康寿命延伸都市・松本

 昨日(28日)は、保健指導情報サイト Q-station の取材で長野県の松本を訪ねて、松本市の菅谷市長にお話を伺いました。菅谷氏は、外科医としてチェルノブイリ原発事故後のベラルーシで医療支援活動に参加、2004年から市政に携わり、現在4期目です。健康寿命延伸都市を目指して、松本ヘルスラボなど様々な取り組みの旗振りをしておられます。松本市は、成長可能性都市ランキングで上位にくる、子育てしやすく、移住者にやさしい...