FC2ブログ
 
■プロフィール

にしむらたずこ

Author:にしむらたずこ
医療ライター 兼 医学英語講師
プレミアム医学英語教育事務所代表 http://www.premium-english.biz/

仕事や暮らしの中で思ったことを書き留めています。

■最近の記事
■カテゴリー
■カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

■since 2007/01/18
映画 とアニメの 「宇宙兄弟」
今日、息子と一緒に映画「宇宙兄弟」を観ました。原作の漫画は読んでいませんが、テレビで日曜朝に放映しているアニメは見ているので、映画の途中までは展開を知りながら、その先は「ああ、アニメはこの先こうなるのね」と思いながら観ました。

今朝みたアニメは2025年の設定で、宇宙飛行士試験の二次試験が終了し、最終試験にのぞむ6人を選考するところでした。この二次試験の内容は、古川さん、星出さん、山崎さんが合格した1998年の試験と似ているようです。原作者はいろいろ取材して漫画をかいたんでしょうね。でもトレッドミルはアニメのように限界まで走らなかったとか、呼吸器の検査も少し違うな、などと夫は話しています。夫は二次試験で落ちましたが、最終試験の様子は、「中年ドクター宇宙飛行士受験奮戦記」白崎修一著 に詳しいです。

山崎直子さんの出産時にファンレターを書いたり、夫を通して白崎先生にサイン入りの本を送ってもらったり、10年ほど前の私は、主人公のムッタやヒビトの子ども時代と負けず劣らずの宇宙ファンだったかもしれません。息子の名前にも「宙」の字が入っています(笑)。

映画は、最後の方は駆け足すぎてついていけない感じでしたが、宇宙飛行士の選抜試験の部分は、短い尺にしては丁寧につくられていると思いました。ムッタ役の小栗旬のもじゃもじゃ髪もなかなか良かったし、適度な間隔で笑いをとるソーンを織り交ぜているところも、よく工夫されていると思いました。渡辺謙主演の映画「はやぶさ はるかなる帰還」も観ましたが、小中学生には「宇宙兄弟」の方が面白いかもしれません。

子ども関連 | 21:25:13
中学受験用のテキスト
2月4日のブログに書いたように息子の中学受験が終わったので、昨日、塾や家庭で使用したテキストやプリント類を整理しました。テキストやワークブック、志望校・併願校の過去問など、表裏表紙に厚紙を使っているものを中心にまとめた束が以下の写真です。高さが分かるように右端にそろばんを置いてみました。プリント類だけの集めた束は、もう少し高いのが一山できました。

   waseaka

最近の中学受験事情をご存知ない方は、写真を見て驚かれるかもしれませんが、これでも進学塾に通う小学生の中では少ないほうかもしれません。息子の場合、5年生のときは塾では国語と算数のみ(理・社は通信教育4カ月)、6年生からは塾一本で4教科の勉強をしましたが、最近は4年生からの塾通いが一般的になりつつあり、さらに低学年化が進んでいると聞きます。

以前も書いたように、中学受験については賛否両論あると思います。私自身、このテキスト類の山を最初に見ていたら、息子に受験を勧めたかどうか、正直言ってわかりません。ただし、塾の小テスト前の暗記につきあってわかったことですが、日本史や地理・公民、あるいは理科の各単元を含めて、受験勉強で教わる内容には、大人が一般常識として知っていることが望ましい事柄が多く含まれているように思います。

また現代文は、大人向けの文庫本の一部が入試問題として出題されても読解できるような指導をしているようです。その証拠(?)と言えるかわかりませんが、息子が入学する中学校では、
 「以下にあげた15冊の中から5冊以上読んで、それぞれの作品について40~50字で感想を簡潔に書く」
という「入学までの課題」が出ました。ようやく受験が終わったと思ったら、もう次の課題を出されて、息子も同級生になる子ども達も大変だなあと思いますが、リストには名著が並んでいるので、書名と作者を紹介しますね。

「羅生門・鼻・芋粥」芥川龍之介、「風の又三郎」宮沢賢治、「走れメロス」太宰治、「坊ちゃん」夏目漱石、「小僧の神様・城之崎にて」志賀直哉、「山椒大夫・高瀬舟」森鴎外、「友情」武者小路実篤、「しろばんば」井上靖、「怪談・奇談」小泉八雲、「古代への情熱」シュリーマン、「シャーロック・ホームズの復活」ドイル、「星の王子様」サン・テグジュベリ、「老人と海」ヘミングウェイ、「車輪の下」ヘッセ、「オー・ヘンリー短編集」オー・ヘンリー

読んだ記憶のある本も多いのですが(でも中学ではなく高校か大学のとき)、家にあるのは「星の王子様」だけだったので、7冊ほど購入しました。この機会に私も読もうかなと思っています。


子ども関連 | 17:11:15
冬休みの宿題
yuya_dinner

今年は4日から仕事を始めました。初日から難解な論文を読んだり、メール対応に追われたので、お正月気分は一気に吹き飛びました。

息子は今日7日から学校がはじまりました。中学受験を控えて冬休みは塾通いだったので、学校の宿題をする時間もなかなかとれませんでしたが、学校がはじまる直前になって、家庭科の宿題を片付けました。それがこの写真。

じゃがいもやニンジンの皮むきは手伝いましたが、味噌汁と酢の物は、息子だけでつくりました。家庭科の調理実習でいろいろ作っていたのは知っていたのですが、宿題のプリントには、使用する食材の栄養成分を記入する欄があり、栄養バランスの良い献立を考えることも小6の児童に教えていることには少し驚きました。

冷蔵庫に入っているものを見ながら一緒に献立を考えたり、台所で2人並んで料理をつくるのは、母親の私には、とても楽しい体験でした。

子ども関連 | 23:25:46
小学校高学年の理解力
久しぶりに子ども関係の話をします。息子が学習塾やZ会の通信教育で使っている問題集を時々見せてもらうのですが、大人が読んでも面白くてためになる内容がたくさんあります。小学校高学年の理解力をあなどってはいけません。どんなことを勉強しているのか少し紹介します。

国語は、五木寛之、星新一、外山滋比古、長谷川真理子など文学者から生物学者まで、大人がふだん読むような作者の物語・小説、随筆文、論説文などが載り、そのあとに読解問題が続いています。俳句や短歌もあります。五木寛之氏の文章を読みなれている大人であっても問いに完璧に答えられるとは限らないと思います。

理科の学習単元の例をあげると、地層の変化(隆起・沈降、正断層・逆断層など)や火山(プレートの動き、マグマの成分、火成岩など)があり、「日本付近では、陸側のユーラシアプレートと北アメリカプレート、海側の太平洋プレートとフィリピン海プレートが複雑にぶつかっていて、大きな力が働いているため、大地の変化が大きく、火山活動や地震が多くなっています」という記述があります。

社会は、つい最近、明治時代の歴史を学習しました。自由民権運動と立憲政治の成立、日清・日露戦争、不平等条約の改正と産業の発達などの単元があり、伊藤博文が初代内閣総理大臣になったことや、日清戦争後の三国干渉にも触れています。

最後に算数の問題を1つ。
     みゆきさんは 50個の荷物を運ぶ仕事をしました。荷物を1個運ぶと200円もらえますが、
     途中で荷物をこわすと200円はもらえず、1個につき80円払わなければなりません。
     みゆきさんは途中で何個かこわしたので、6360円もらいました。みゆきさんは荷物を
     何個こわしましたか?                        [答え 13個]



子ども関連 | 17:56:03
「スラムドッグ$ミリオネア」とPG-12
今日、公開中の映画 「スラムドッグ$ミリオネア」 を家族 3人で観てきました。

アカデミー賞8部門受賞作ですが、「PG12指定」(12歳未満(小学生以下)の鑑賞には不適切な表現が含まれるので、成人保護者の同伴が適当)でもあるので、10歳の息子に見せるべきか迷いました。

一緒に行くことを決めるにはそれなりのプロセスがあって、まずネットで公式サイトを検索したところ、インドのスラム街で暮らす子どものことなど、普段の生活ではなかなか教えられない映像が入っていることがわかりました。

また15日に「NHKスタジオパークからこんにちは」に出演していた榎木孝明さんが、父子でインド旅行をした様子を語っていたことも思い出しました。ガンジス川で川遊びをしたり、その日の宿をその場で決めたり、私の夫と息子には真似してもらいたくないけれど、ヨーロッパやアメリカへのパック旅行では決して味わえない貴重な体験をしているのは素晴らしいと思いました。

実際に映画をみると、主人公の子どもたちが体験する残虐なシーンがいくつかあって、今までドラえもんやポケモンを好んでみていた息子には、刺激が強すぎるかもしれないと思う場面もありました。でも、そういう場面だけ覆い隠すこともできないし、同じ年頃の子どもでも、生まれるところが違うとまったく異なる経験をする可能性があることを理解してくれたらよいと思います。

大人の役はインドで有名な俳優も出演したようですが、子役は実際にスラムに暮らす子どもたちを起用したようです。子役の1人の家がインド・ムンバイ市当局により強制撤去されたニュースなどをみつけました。
http://www.web-tab.jp/article/6950/

映画の前も後も、色々考えさせられました。


子ども関連 | 18:45:52
次のページ

FC2Ad