■プロフィール

にしむらたずこ

Author:にしむらたずこ
医療ライター 兼 医学英語講師
プレミアム医学英語教育事務所代表 http://www.premium-english.biz/

仕事や暮らしの中で思ったことを書き留めています。

■最近の記事
■カテゴリー
■カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■since 2007/01/18
「今、ここ」の英語力に見合う学会発表
昨年から医療従事者の英語学習に関する連載記事を書いてきましたが、最終回(第6回)「『今、ここ』の英語力に見合う学会発表」が公開されました。この秋、ここに書いたことも踏まえて、英語で学会発表等を予定している人向けの度胸付けセミナー(!?)を開催する予定です。 

新しい時代を生きる医療従事者と英語
第6回 「今、ここ」の英語力に見合う学会発表

執筆記事一覧

アステラス製薬 医療従事者向け情報サイト Alter Talk 【キャリア連載】の記事は登録なしでも読めます。上記のURLをクリックし、「医療従事者で会員登録をしていない方」→「医師」「薬剤師」「看護師」「その他医療従事者」のいずれかをクリックしてください。

語学学習 | 16:58:44
語彙を増やし、文法に強くなる
医療従事者のキャリアについて考えるサイト Alter Talk にて「新しい時代を生きる医療従事者と英語」の連載第4回が公開されました。今回は「語彙を増やし、文法に強くなる」というタイトルで、ボキャブラリーの増やし方、文法学習について、学校英語との比較も交えて色々考察してみました。
 ■頻出単語やフレーズを覚えるには
 ■仮定法は勉強しなくていい!?
といった内容を扱っています。医学英語学習に興味のある方はご一読を。

下記のURLをクリックし、「医療従事者で会員登録をしていない方」→「医師」「薬剤師」「看護師」「その他医療従事者」のいずれかをクリックすれば、登録なしで読めます。
https://amn.astellas.jp/jp/astellasclub/altertalk/career/010.html



語学学習 | 09:41:30
凡ミスの連続で落ち込み中・・・
自宅での仕事は4日からボチボチ始めていましたが、出勤(というか出講)は9日(火)が仕事始めでした。私の頭はまだ正月ボケなのか、授業で使うプリントを自宅に忘れたり、出講前に「神谷町」で人と会う約束をしたのに「神保町」と間違えて大遅刻をしたり、NHKの語学テキストを買うつもりで定期入れにメモまで挟んでいたのに、書店の前を素通りしてしまったり・・・ほかにも凡ミスの連続で、すっかり落ち込んでいます。

自宅では、センター試験の英語リスニング問題を息子と一緒に解いたりしています。が、ここでも一瞬思考が別のところに飛んで、内容がわからなくなり、点数を落とすことがあります。 こんなことでは、この1年どうなることやら・・・

ところで、最近ではネットでリスニング問題の音源や試験問題を入手できます。「大学入試センター、過去問」で検索すると、過去3年分の試験問題のサイトが出てきます。英検も同様に、過去問のサイトがあります。センター試験の本番では、同じ内容が2回流れますが、英検準1級は1回だけだし、内容的にも昔に比べてかなり難しくなっているように思います。しばらく英語から、あるいは試験というものから遠ざかっている方、ぜひ一度聞いてみてください。


語学学習 | 19:25:50
英会話とシャドーイングのすすめ
「新しい時代を生きる医療従事者と英語」の連載第3回 『臨床現場で英語が使えるために ~英会話とシャドーイングのすすめ~』が公開されました。

 今回は、
   ■「聞く」「話す」「読む」「書く」のバランスを考える
   ■ 1度は試してほしいオンライン英会話
   ■「聞く」と「話す」をつなぐ『シャドーイング』
 といった話をしています。

 下記のURLをクリックし、「医療従事者で会員登録をしていない方」→「医師」「薬剤師」「看護師」「その他医療従事者」のいずれかをクリックすれば、登録なしで読めます。
https://amn.astellas.jp/jp/astellasclub/altertalk/career/009.html


語学学習 | 11:57:57
医学論文の頻出単語とフレーズを覚える
 最近、医学論文でよく出てくる動詞やフレーズを覚えてもらうにはどうしたらよいかを考えて、いろいろ調べたり試したりしていました。そして、医学英語であろうが、一般英語であろうが、学習のストラテジーはそんなに変わらないという結論に達しました。

 特に参考になったのは、「ユメタン-夢をかなえる英単語」です。息子が高校時代に使っていたテキスト類を資源ゴミに出すために整理しているときに拾いました(笑) 「ユメタン(キムタツ式語彙学習法)」は、1週間に100語覚えることを目標に、その100語に毎日違うアプローチで繰り返し出合うことで、単語を確実に覚える学習法です。単語と一緒にリスニングが英作文も学習できるようになっており、付録CDには、単語だけでなく、その単語を含むフレーズの音声が入っています。

 監修のキムタツこと木村達哉氏は灘中・高の英語教諭です。 この先生の話、とても面白いです↓
 「プロが薦める勉強法 file.6 木村達哉さん 1週間で100語を完ぺきに! 「キムタツ式」語彙習得法」

上記のインタビュー記事の中で、木村氏は「英語→日本語」「日本語→英語」の繰り返しが重要であり、「日本語を聞いて瞬時に英語が思い浮かばないようでは、本当にその単語が身についたとは言えない」と述べています。 同様のことは、NHKラジオ講座の「高校生からはじめる現代英語」の講師、伊藤サム先生も言っています。伊藤先生も、日本語から英語にするだけで終わらないでください」と繰り返し述べ、自身の提案する「反訳トレーニング」をラジオ講座に取り入れています。

 ということで、医学論文でよく出てくる動詞やフレーズを覚えるにも、英語から日本語だけでなく、英語音声も含めた学習が王道なんだろうなと思います。 長くなってしまったので、この続きはまたそのうち。

語学学習 | 10:30:02
次のページ

FC2Ad